パイン古材天板 820×820について


アメリカで実際に使用されていた「パイン古材」を使用したスクエア(正方形)に仕上げた天板です。

古材の中でもかなりユーズド感の強い素材のため、職人がひとつひとつ素材を厳選して使用しています。

そのため、商品によっては「4枚継ぎ」、または「5枚継ぎ」というように、仕上がりが変わるといった特徴があります。

凹みや傷などが多数あるため、かなりハードはユーズド感を感じられる仕上がりになっていますが、それら木材の個性をデザインと捉えて製作を行っています。

手触りは""ザラザラ"といった質感ですが、テーブルとして使用できるように職人が手作業で綺麗な状態に仕上げているので、ダイニング用テーブル天板としてご利用頂けます。

天板の仕上げには「ウレタン塗装」を施してあるため、撥水効果が期待できます。

当店オリジナルのアイアン脚「CRUTCH LEG / クラッチレッグ」「FCLUMP LEG / エフクランプレッグ」と組み合わせてご利用頂くのがおすすめです。

こちらの天板を使用したテーブルは↓
CRUTCH LEG / クラッチレッグ スクエアテーブル820

サイズ、注意事項について


【 全体 SIZE 】
● 幅820×奥行820×厚み35 mm




※ すべて手作業で製作しており素材が特殊な古材のため、10mm前後の誤差が発生する場合があります。ご了承ください。
※ かなりハードな古材を使用しているため、凹みや傷が多数あります。これらをデザインとして納得して頂ける方のみご購入下さい。

パイン古材天板 820×820

54,000円(税4,000円)

購入数
クイック購入